logo
 
                 
English Page
 Concept
 Planning
 How to build Aero House
 Profile
 Other
 Updated Aero House
925.jpg
How to build Aero House-Custom house / 注文住宅編


はじめから設計する

 いわゆる設計事務所の「注文設計」です。エアロハウスは2003年に「プロダクト」として出来上がった小さい住宅(床面積10坪くらい)があるといいのではないか?(僕自身がほしい)と考え設計しました。メディアで紹介され問い合わせが多数ありましたがご相談に来られる方はコンセプトに共感するが一般的な住宅サイズをエアロハウスでお建てになりたい方ばかりでした。
 僕のところは商業ビルや集合住宅を手掛ける設計事務所ですので(世の中が「小さい製品としての住宅」を求めていないことに失望しましたが)設計契約し進めることに異存はなくご要望に応じた設計を考えエアロハウスをひとつずつ作ってきたわけです。現在まで60棟ほど建っていますがそのほとんどがこのような建て方です。ちなみに小さいエアロハウスは3.11以降実現しました。

custom_plan

規格設計されたものをアレンジする

 エアロハウスは柱のないオープンスペースが特徴ですのでその点を生かし水回りなど(トイレ、浴室、洗面所、キッチン、WICL)を決め 他はオープンにしたプランを設計し図面化しました。
 室内の壁は自由に設定してもらうということで元々はセルフビルダーや地方の工務店さんが建てられるようにと考えられたものです。見積書もありますのでコスト的なリスクが少ない。僕の方で「構造を変えない範囲で」プラニングもできます。ある程度既存図面が使えるので設計料も低く抑えられます。
 平屋、2階建て、3階建てと案を作りましたが複数階案は汎用性に乏しいことがわかり現在では20坪の平屋案(ベーシックαタイプ)のみにしています。

kikaku_plan

プリンタ用画面
友達に伝える