logo
 
                 
English Page
 Concept
 Planning
 How to build Aero House
 Profile
 Other
 Updated Aero House
925.jpg
How to build Aero House-Self build plan / セルフビルド


エアロハウスTG(AERO HOUSE TO GO)を使う

 構造体が完成した状態でデリバリーされる構造体ユニットを利用し基礎、外装、屋根、設備などの各工事をセルフまたは地域の業者さんに依頼して建てる方法です。
 構造体が完成していて一部の壁や窓を施工すると外界から遮断された室内空間が完成しますのでセルフには向いている工法としてお勧めです。(TGに関しての詳細は「エアロハウスTG」をご覧ください。)

self_photo01
AERO HOUSE TO GO 構造体ユニット完成時

self_photo02
AERO HOUSE TO GO in 沖縄

はじめから設計する

 設計契約を結び、ご要望に即しかつセルフビルド用に一から設計し建てる方法です。
基礎、構造体の施工は業者に依頼するケースが多いです。技量に合ったディテールをご相談し設計、図面化します。設計、確認申請、監理まで行います。

self_photo03
エアロハウス小諸-Yi邸

self_photo04
エアロハウス箱根-Mm邸

規格設計されたものを使う

 20坪の平屋(ベーシックαタイプ)の設計図書と構造体を販売します。基本的に独力で建てる方法です。建物の外寸、構造は変更できません。
 ちなみに設備、内装を除いた場合の東京での予想見積もり金額は890万円(税込)です。

self_plan01

プリンタ用画面
友達に伝える