logo
 
                 
English Page
 Concept
 Planning
 How to build Aero House
 Profile
 Other
 Updated Aero House
925.jpg
Minimum Foundation / 最小限の基礎

エアロハウスは、一般木造住宅とはまったく異なる基礎の考え方をしています。
一般木造住宅は、土の上にコンクリートの板を作り(基礎)、その上に木の部材を組み立てます。一般コンクリートの板は、地震に強い安定した構造ですが、その上に組み立てられる木の構造は、特別なものではありません。
いくら頑丈にコンクリート面を作っても、その上に作られる木構造が普通のものでは、真に地震に強い建物にはなりません。

エアロハウスは、上部の木の構造が大事だと考えます。
木同士を何が合っても壊れないよう、強固に固定します。頑丈な木の構造物を作り、同時にそれが下部構造として、そのまま地面に固定させればよいと考えます。
そのため建物全面をカバーするコンクリート基礎は必要ないのです。
 


 造成なしで耐震性を持った建物ができるため、不整地や傾斜地での造成費を大幅に削減できます。
プリンタ用画面
友達に伝える