logo
 
                 
English Page
 Concept
 Planning
 How to build Aero House
 Profile
 Other
 Updated Aero House
925.jpg
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
SmartFAQ > Aero House Q&A
 カテゴリ
このカテゴリ関連の情報
カテゴリ FAQ
 Aero House Q&A
10

 FAQ
以下はカテゴリ内に掲載されているFAQです。
回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (6071 回閲覧)
20.5坪で想定工事費850万円+税のエアロハウスを用意しています。
設備、内装以外は全て含まれます。

平坦な土地でエアロハウスの標準基礎工事、建て方で対応できる敷地の設定です。

内装はセルフビルド、設備はネットなどで格安で販売されているシステムキッチン、ユニットバスなどを手に入れ、地元設備業者さんに取付のみ依頼するなどという方法。お好みのチョイスで、ローコストに建てることができます。


回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (1828 回閲覧)
各地のエアロハウス施工経験のある施工パートナーか、いない地域の場合はこちらで探します。お施主さん紹介の施工会社でも結構です。

エアロハウスは、セルフビルドも射程に入れ設計されていますので、けっして建設が難しい建物ではありませんが、普通とは違う建物を敬遠する施工会社もあります。施工マニュアルを説明のうえ、理解度をチェックし最終決定します。


回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (1737 回閲覧)
ローコスト住宅とは、コストを下げるべく、許可されるぎりぎりの構造設計や材料選択をしてできた住宅。エアロハウスの場合、そのような設計にはなっていません。

構造材はむしろ一般住宅では使われない大きなサイズのものを(のみ)使用。構造材だけを見ると、住宅というより木造の集会所や公民館に近いかもしれません。

住宅雑誌を見ると、設計事務所が設計した住宅の工事単価は、ローコストといわれるもので60万円/坪くらいだと思います。60万円を切るケースもありますが、総2階建て以上だったり、工業製品を多用していたり、ハウスメーカーが使う一般建材の場合が多いです。

エアロハウスは単価が割高の平屋で、50万円/坪くらいの事例があります。一般に使われない贅沢な構造体で、このコストが可能なのは、工法が合理的なためだからです。


回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (1893 回閲覧)
今まであるエアロハウスの3タイプから、構造は変えずにプランを変え設計する場合で、調査、基本実施設計、確認申請、監理業務で一律150万円としています。

ユニット販売のものを建てる場合で、調査・確認申請の一律50万円。
一般住宅設計と同じように、初めから設計する場合は工事費の7%から15%です。
当社設計料算定表がありますので、お問い合わせください。お送りします。


回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (1923 回閲覧)
上棟後1ヶ月での竣工を目標にするよう、施工会社へは指導します。構造材の納期が発注後約1ヶ月ですので、トータルで工事契約後2ヶ月を目標にしています。


回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (1738 回閲覧)
他の建物と同じように諸費用が発生します。以下、例として。

・設計料:別項目参照(ユニット販売の場合は確認申請業務料のみ)

・道路掘削工事費:上下水道などの接続のため公道を掘削。指定業者でなければできませんので通常別途になります。自治体によって異なり、30万円から50万円。

・水道負担金:メーターがない場合発生します。十数万円から数十万円と地域によって異なります。水道局へお問い合わせください。

・エアコン:建築の設備業者が行うと高くなるので、ネット販売をお勧めします。取り付けもやってくれます。


回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (1879 回閲覧)
一般に建物の坪単価は規模、敷地状況、構成により変わります。

規模が小さいほど坪単価は高くなり(建物の大小にかかわらずキッチン、浴室、トイレなどの設備費は変わりませんので)2階建て3階建てにくらべ平屋の方が高くなります。

また施工しやすい敷地かどうかで施工日数が変わり、施工費用も変わります。

エアロハウスの今までの事例では、坪単価50万円から65万円です。

50万円/坪は施工がしやすい理想的な敷地で、オープンでシンプルなプランの場合でした。

個々に設計して建てる以外に、あらかじめ決まったユニットを販売することもできます。


回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (2922 回閲覧)
キャビンタイプと呼んでいるものがあります。5坪くらいから可能です。
お問い合わせください。


回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (2150 回閲覧)
エアロハウスは、初期のタイプはセルフビルドも想定して考えられました。現在のタイプでも、一般木造住宅やログハウスに比べ構造や工法が合理的ですのでセルフビルドには向いています。

また設備工事はどの段階からでも始められますので、長期間かかる施工に向いています。


回答者: ゲスト 掲載日時: 06-Jan-2010 19:27 (1826 回閲覧)
建物の耐用年数は、どのような建物であれ明快に言い切ることはできませんが、エアロハウスに関して断言できるのは、一般木造住宅に比べ物理的に長期間存在できるということです。

まず構造体が120mmx300mm、120mmx240mmというサイズのみでできていて、間柱(45mmx90mm)に該当するような小さいサイズのものが全くありません。ちょうど古い民家のように骨太の構造体だけでできています。

またそれら構造体は、内部の空気に常に接していますので、腐ったりする可能性がないのです。

たとえ外装が破損して、雨や湿気が入ったとしても、それは構造体の外側で起こりますし、構造体と外装材が分かれていますので、メンテナンスもしやすいのです。