• 全面ガラスのパノラマ窓、瀬戸内の絶景が大迫力だ!  エアロハウスが外国人に人気の宿に



    香川県の西の端に三豊市がある。そこの瀬戸内に突き出した岬の小高い丘に「燧(ひうち)」という名前の1部屋だけのゲストハウスがある。当然、1組しか泊まれないのだ。
    エアービーアンドビーという民泊のマッチングサイトにも登録されていて、海外からのお客様が多い。2016年の春にオープンして、夏場は満室が続くほど、大盛況となっている。

    このエリアは特に観光地があるというわけでもなく、岬の方までわざわざ足を延ばす観光客は少なかった。しかし、この宿に泊まるのが目的で、ピンポイントでやって来るのだ。
    近隣にレストランがないため、希望があればフレンチのコックさんによる出張料理も可能だ。





    人気の理由は、宿から望める瀬戸内の景観だろう。エアービーアンドビーに掲載されている写真が魅力を伝えていて、おだやかな海と島々が重なり、小舟が行き交う美しい眺めがある。
    宿の海側の窓が、全面開口になっていて、大きなガラスが連続している。なんと、カーテンやブラインドが一切ないのだ。(2016年11月にブラインドが設置された)
    太陽の直射光がうまい具合に窓を避けている。なおかつ道からは建物が見えないので、プライバシーの心配がいらない。
    室内のエアロハウスの木目をいかした空間もクールといって評判が良い。

    オーナーのMさんは、この三豊市の生まれで、大学や仕事でいったん離れ、実家のガソリンスタンドを継ぐために戻ってきた。当初は、別宅として、この土地を購入したが、現在のような人気の宿になるとは考えていなかったそうだ。
    またMさんは、地元を観光で元気づけようと、「みとよ100年観光会議」という団体を立ち上げ、理事をしている。

    三豊市では民泊が盛り上がりつつあり、地域にも民泊を運営する仲間が増えている。エアービーアンドビーの影響が大きいようだ。新聞でも取り上げられた。

    このエアロハウスでは、宿泊機能を持たせたいと当初から考えていた。まさか民泊で人気になるとも思ってなかったので、パーティースペース、イベントスペースとすることが主だったようだ。コミュニティースペースとしてのエアロハウスだったのだ。





    2014年の春にエアロハウスに問い合わせをしたころから始まる。
    同年夏に香川県の土地を訪れた村井氏は、Mさんの明確な目的が固まっていないという印象だったそうだ。たたき台として、9月にはスケッチ案を数点あげた。
    そのスケッチを見ながら、方向性が徐々に固まっていったのだ。

    翌年の2015年2月にプランが確定した。2階建てのイベント兼簡易宿泊所になった。
    間取りは、1階が、テラスと納戸スペースがあり、レンタル自転車が置かれている。もともと自転車を活用した地域活性化を検討していた。オリンピックの自転車選手がリタイアしてこの地域に移住しているなど、今後のポテンシャルがある。
    2階へは、外階段をあがり、大きなワンルームだ。オープンキッチン、ダイニング、リビング、ベッドが一続きになっている。だから、イベントスペースとしても兼用できる。





    瀬戸内のおだやかな海を眺めるのに、建物のどこからでも楽しめるのも特徴だ。テラス、ソファ、ベッド、キッチン、室内のハンモック、お風呂から。いずれも雰囲気が違って見えるのだ。

    さて、竣工したのは、同年末だったが、課題が2つあったと村井氏は振り返る。
    1つは、いかに瀬戸内の景色を取り込むか、そして2つ目は地元には施工業者がいないことだ。




    1つ目の景観だが、土地は瀬戸内を望む場所にあるが、岬の反対側の景観と比較すると、島の数が少なく、醍醐味にやや欠ける。
    そこで、島が多い方角に視線をフォーカスさせることで、迫力が増す、というトリッキーな方法をとった。岬を背にして視線が左に向く工夫が施されている。本当は、建物自体を左に向ければ簡単だが、土地の形状から不可能。建物のアプローチを左に連続させることによって、錯角をもたらす。
    1階部分は、テラスがあり、視線が左にいくような設計になっている。立方体のはずのエアロハウスが、不思議と別の形に見えるのだ。またベンチに座ると、建物が額縁のようになっていて、正面の景観がより美しく見える。

    2つ目の地元に施工会社がない問題だが、大工さんなら何人もいる。ところが、エアロハウスに初めて関わることになる。そこで難易度が低い設計に変更した。また難しい部分は、東京でパーツを仕上げてから送ることで対応。
    シンプルなエアロハウスならセルフビルドで作れるが、この設計は簡単ではなかった。本来なら鉄骨を使いたい部分を木に変更する等、随所に工夫を加えた。
    つまりローカルの技術に合わせた設計にアレンジをして、実現に至った。

    翌2016年の春に宿として開業した。ハンモックなど、部屋のインテリアにこだわり、非日常の空間となった。





    Mさんは、大好きなガーデニングもこっていて、エアロハウスのまわりを整備中だ。新しい花壇を設けたとwebにアップしている。

    是非、多くのエアロハウスに興味のある人に泊まってもらいたい。

    http://hiuchi-rc.com/


     11月 27th, 2016  konomatsu   No comments

  • オーダー家具がはえる、写真アトリエ併用の狭小住宅

    施主のWさんは、エアロハウスのファンだという。独特のスタイルに惚れ込んでいて、いつか自宅で建てる際に、お願いしたいと考えていた。

    そして、その想いが、ついに実現することとなったのだ。2014年12月に竣工した。
    結婚を機に家を建てた。

    ちょうど実家のある相模原市の住宅街に見つけた狭小地だ。わずか18坪。

    ここを夫婦で暮らす場所にしたい。そして、写真の仕事をやっていて、暗室さらにはアトリエを兼ねた機能を持ちたいと考えた。

    まずは、面白い家にしたかったと当時を振り返る。
    「大きな宝箱のイメージ」だったと最初のコンセプトを村井氏に伝えたそうだ。

    部屋が分かれていて壁がたくさんあるのが苦手なWさんは、エアロハウスは柱がなく、壁が本棚になるのが良いと、もともとエアロハウスに注目していたという。
    漫画や好きな本を並べたら心地良い空間になるだろうと夢想していたのだ。まさに好きなものが集まる宝箱だ。

    また、予算は抑えめにしたいという希望があった。

    そこで、プランは、2階を居住空間にして、1階はご主人の仕事に使えるフリースペースとした。

    もともと狭い空間の2階部分だけとなると、どうしても手狭になる。そこで、ゾーニングを工夫した設計となった。

    例えば、キッチンの上部をロフトにした。リビングは、天井高で、開放感を演出できる。3.6mもあり、広く感じる。さらに窓が大きく、高さは1.3mもある。窓の位置は、やや上にあるので、近隣地とのプライバシーが保たれ、空だけが大きく視界に入る。ブラインドが上と下が開くタイプを採用した。


    ロフトは当初は予算的に無理ではないか危惧された。村井氏は、コスト削減のために、手すり部分をこれまでは金属を使用した設計にしていたが、木製にトライしてみた。大工さんの技術が要求されるが、見事に、温かみのある雰囲気になった。
    結果として良かったと村井氏は言う。

    1階はクローズドな空間で、アトリエルームになっている。窓がないことから、防犯対策にもなる。


    施主のWさんは、インテリアのセンスが素晴らしいと村井氏。カウンターの椅子、ソファの雰囲気。木の壁と大きな窓とのマッチングが素晴らしい。
    ソファは、匠家具を購入して、椅子はクラフトワークの手作り家具を採用した。
    またカウンターチェアがポイントになると考えて、特徴的な手作りだ。

    ご夫婦の寝室は、ロフトだが、冬はちょうど暖かく夏は暑過ぎる。そこで、夏は1階で過ごすことも多いそうだ。

    階段収納など、随所に工夫が見られ、使い勝手が良いと施主のWさんは言う。


    夫婦にはちょうど良いサイズだと満足のWさんだ。

     8月 4th, 2016  konomatsu   No comments

  • シェアハウスとして、レンタルスペースとして、集う場所に!

    今回紹介するのは、エアロハウス初めての試みであるシェアハウス。



    竣工は2013年の9月、東京の品川区にある。

    JRの駅を降りて、徒歩10分でそのSさんのお宅に着く。住宅の密集地に建ち、入り口の「MIRAIE」という屋号が目印だ。



    3階建てながら、入り口は2階。外から小さな階段を上がっていく。

    このアプローチこそが、この家のコンセプト「シェアハウス」を物語っている。

    シェアハウスを始めたきっかけは、Sさん自身がシェアハウスでの暮らしが好きだからだ。

    奥様ともシェアハウスで出会った。

    子どもができて、シェアハウスで子育てをしたいと考えた。

    しかし、当時、赤ちゃんも同居できるシェアハウスがなかったのだ。

    ならば、自分たちで始めてしまおうと、家づくりを決意。

    この品川界隈は、住んだこともあり、土地勘があった。また仕事場も近く、職住近接が実現できる。

    土地探しでお願いしていた不動産屋さんの紹介で、エアロハウスの村井氏に出会った。

    自由度の高い、エアロハウスの設計思想が自分にあっていたという。また狭い土地でも実現できると考えた。

    Sさんは会社の寮など、共同生活が心地よかった。結婚するからといって家族で閉じた生活をすることに違和感がある。

    そこで、開かれた家をテーマにしたコンセプトの家づくりをすることに。



    村井氏に目指すコンセプトを伝え、理解してもらった。候補の土地が見つかると、すぐに間取り案を作ってもらえた。だから検討しやすかったという。あらかじめコンセプトが共有できていたのが良かった。

    現在の土地が見つかったときも、すぐにデザインプランが出てきた。

    3階建てで、2階が玄関。LDKがあり、螺旋階段で上下をつなぐ。



    1階はシェアハウスの住人が暮らす部屋。3つあり、長期滞在者用が2つに短期滞在者用が1つだ。

    3階は、Sさん家族が暮らすプライベートスペース。ワーキングスペース、主寝室、子ども部屋がある。

    大枠のところ、現在とほとんど変っていない。

    さらに、最終段階で、詳細を落とし込んでいった。

    屋上は、露天風呂施設がある。シェアハウスとしての特徴を出そうという狙いからアイディアが産まれた。

    さらに屋上には、小さなスペースがあり、季節の良い時期にバーベキューをする。住宅密集地でありながら、ここからの眺望は開放感あり、遠くに高層ビルを臨める。



    2014年の11月には、airbnbからサンフランシスコに招待されてオーナー向けのカンファレンスに参加した。世界のユニークなゲストハウスを運営している人が集まるというもの。

    短期滞在者向けの部屋に外国人旅行者にも利用してもらい、評判も上々だという。

    Sさんによると、「2つの強みが評価されたのでしょう」と分析する。

    それは、ハード面とソフト面の2つだ。



    ハード面とは、家のつくりのこと。世界でも珍しいエアロハウスという建築だ。家の中にブランコやハンモックがあり、屋上には露天風呂がある。

    さらに立地としては、旅行者に利便性が高い。品川区は、羽田空港に近く、新幹線の駅もあり、新宿や渋谷にも乗り換えなし。さらに横浜や鎌倉へも便利。



    ソフト面としては、奥様の対応力のポイントが高い。奥様は台湾人で、英語、中国語、日本語と3言語を巧みにしゃべり、さらに大学でホテルについて学ぶなど、ホスピタリティのある方だ。

    また小さな子供がいたり、犬がいたりと、賑やかな雰囲気も魅力。

    ところで、Sさんのお仕事は、ITでソーシャルメディアの開発や運用をしている。

    シェアする文化、知らない人同士がつながる文化について、やがて到来することは肌で感じていた。実際にITの世界はその方向で進んでいる。

    そのリアル版として、自邸を使って、シェアをテーマにした暮らしを実践している。

    2階のリビングでワークショップをしたり、レンタルスペースとして企業の会議にも貸している。

    北側のトップライトから優しい外光が差し込む。木のぬくもりが、心地よい雰囲気を後押ししている。

    エアロハウスを活用した暮らし方が広がりをみせている。

     1月 28th, 2015  konomatsu   No comments