陶芸教室の家

横浜、元町にあるエアロハウス。住宅密集地に建つ。 横浜の観光スポットの一つ、元町商店街から徒歩数分の距離にある。 こちらのエアロハウスのオーナーは、終の住まいとして建てたWさん。陶芸家として、自宅で教室の運営もされている。「十色」という陶芸教室。伝統にこだわらない自由な作風を旨として、活動されている。 1階が陶芸教室で、2階とロフト部分が居住スペース。女性一人住まいのシンプルな構成になっている。 Wさんが、エアロハウスで家を建てたのは2011年の5月こと。東日本大震災の記憶が鮮明なころだ。 「こちらに私一人で住んでいますが、地震に強いエアロハウスだから安心でした」と当時を振り返る。 Wさんの息子さんたちは既に成人され、この地に一人暮らしだから。 もともとここの土地は、借地権付きの古い家があった。1998年に陶芸教室をするために購入して、当時、大胆にリフォームをした。 そのリフォーでは、知り合いのニュージーランド人が手を加え、キッチン、バスルームを取り除き全面教室にした。カラフルな外観もユニーク。 住まいとして近所にマンションを借り、ここは陶芸教室専用の建物として使っていた。 しかし、10数年がたち、さすがに老朽化。 そこで、息子さんの知り合いの建築家の村井氏に相談があった。 Wさんは、エアロハウスの特徴を聞き、まさにうってつけの構造だと直感した。 柱がなく広い空間。多くの壁際を棚として使える。この2点が決めてになったのだ。 陶芸教室に向いている。 設計の要望としては、1階に教室スペース、2階が居住空間というもの。 プランとしてあがってきたのは、1階の全面が土

エアロハウスに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたはソーラーデザイン研究所(03-6459-2360)までお電話ください。

Copyright© 2002-2020 ソーラーデザイン研究所 All Rights Reserved.