エアロハウスに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたはソーラーデザイン研究所(03-6459-2360)までお電話ください。

Copyright© 2002-2020 ソーラーデザイン研究所 All Rights Reserved.

全面ガラスのパノラマ窓、瀬戸内の絶景が大迫力だ! エアロハウスが外国人に人気の宿に

香川県の西の端に三豊市がある。そこの瀬戸内に突き出した岬の小高い丘に「燧(ひうち)」という名前の1部屋だけのゲストハウスがある。当然、1組しか泊まれないのだ。 エアービーアンドビーという民泊のマッチングサイトにも登録されていて、海外からのお客様が多い。2016年の春にオープンして、夏場は満室が続くほど、大盛況となっている。 このエリアは特に観光地があるというわけでもなく、岬の方までわざわざ足を延ばす観光客は少なかった。しかし、この宿に泊まるのが目的で、ピンポイントでやって来るのだ。 近隣にレストランがないため、希望があればフレンチのコックさんによる出張料理も可能だ。 人気の理由は、宿から望める瀬戸内の景観だろう。エアービーアンドビーに掲載されている写真が魅力を伝えていて、おだやかな海と島々が重なり、小舟が行き交う美しい眺めがある。 宿の海側の窓が、全面開口になっていて、大きなガラスが連続している。なんと、カーテンやブラインドが一切ないのだ。(2016年11月にブラインドが設置された) 太陽の直射光がうまい具合に窓を避けている。なおかつ道からは建物が見えないので、プライバシーの心配がいらない。 室内のエアロハウスの木目をいかした空間もクールといって評判が良い。 オーナーのMさんは、この三豊市の生まれで、大学や仕事でいったん離れ、実家のガソリンスタンドを継ぐために戻ってきた。当初は、別宅として、この土地を購入したが、現在のような人気の宿になるとは考えていなかったそうだ。 またMさんは、地元を観光で元気づけようと、「みとよ100年観光会議」という団体を立ち上げ、理事をしている。 三豊