エアロハウスに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたはソーラーデザイン研究所(03-6459-2360)までお電話ください。

Copyright© 2002-2020 ソーラーデザイン研究所 All Rights Reserved.

いつでも見学可能なエアロハウスは、恵比寿で写真ライブラリー併設の食堂だ

JR山手線の恵比寿駅から、青山方面の坂をあがったところにエアロハウスで建築されたレストランがある。「写真集食堂めぐたま」だ。木目の外壁とピンクのオーニングが印象的。引き戸を入った正面はキッチンカウンターになっていて、奥に進むとテーブルが並ぶ広いスペースだ。ここの特徴は、壁一面に写真集が並んでいること。国内外の写真集が約5000冊はあると発足メンバーのTさん。天井からテーブルに下がるペンダントライトのデザインが、本をモチーフにしている。また、店の奥は全面ガラス窓になっていて、天気の良い日には窓を全開にしてテーブルと椅子を中庭に置くそうだ。都心のオアシスのようなナチュラルなたたずまいが心地よい。 Tさんに、エアロハウスを建てた経緯や来店客の反応をうかがった。 もともとTさんがこのスペースでやりたいことが3つあった。 1つ目は、ご主人が飯沢耕太郎氏という著名な写真評論家で、家に膨大な写真集の蔵書があり、いつかは図書館をやりたいと思っていた。壁は写真集を並べる本棚にし、みんなが手にとって見られるようにしたかった。 2つ目は、みんなが集まれる場所づくりだ。柔軟にレイアウト変更できる広いスペースを求めていた。実際にオープンしてから、これまでトークショー、ライブ、子供向け絵画教室、ヨガなどを実施し、落語会の場合は30~40名が入ることができたそうだ。またTさん自身はアーティストとして活動し、自身の個展もこの食堂で開催した。 3つ目は、ここでイベントが終わった後に食事や飲み物の提供をしたいと考えた。それはイベントに来た方々がゆったりできる空間が欲しいと思ったからだ。立食パーティー形式、着席のご