エアロハウスに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたはソーラーデザイン研究所(03-6459-2360)までお電話ください。

Copyright© 2002-2020 ソーラーデザイン研究所 All Rights Reserved.

都心のオアシス、エアロハウスの斬新なデザイン性が実現

地下鉄有楽町線の要町駅に近い住宅街の一角、2018年に竣工したエアロハウスがある。偶然にもその一角は、モダンな家が多く建ち並んでいた。 こちらのエアロハウスは、これまでにない新しいフォルムのタイプだ。正面がTの字型のユニークなデザインになっている。まさにTの字で、1階よりも2階が広くなっていて、1階両サイドには、自家用車がそれぞれ置かれている。 1階の玄関口は、Tの字の正面から見て右サイド、車をすり抜けた先にある。 扉が開き、施主のNさんが出迎えてくれた。そして、息子さんのお嫁さんやお孫さん、さらに愛犬2匹たちも楽しそうに、リビングで遊んでいた。 リビングは、エアロハウス独特の木の広い空間になっていて、天井が高く感じる。さらに大きな窓から差し込む外光が、暖かな雰囲気を彩る。うまい具合に、隣の家の隙間から光が差し込むのだ。 Nさんのお宅は、約50坪の敷地に、エアロハウス2階建ての2世帯住宅。1階が親であるNさん夫妻が住み、2階が息子さんの家族が住む。 Nさんによると、この場所は、もともと、借地権付きの戸建てが2軒あり、通りに面した家と奥の旗竿地の家だった。かつてNさんが通り側の家に住み、奥にNさんのご両親が住んでいた。しかし4年前にご両親が亡くなって空き家になったのを機に、Nさんの独立していた息子さん家族が戻って同居することを検討した。そこで、建て替えることを決断し、まずは地主さんに相談したところ、土地を売却してもらえることにもなった。 そこで、ハウスメーカー等、住宅展示場を訪ね、いくつか検討しているなかで、奥様がたまたまエアロハウスのwebサイトを見つけ、相談しに事務所を訪ねる