動かす

動かす

 エアロハウスを発想した当時、日本では住宅の寿命は短く平均27年で壊されて廃棄されていることを知り、建物が移動できれば長く使ってもらえるのではないかとも考え、エアロハウス Project をスタートしました。そのため移動をすることはエアロハウスにとって得意中の得意です。

移動に一般公道を使う場合は、道路法(車両制限令)適用対象になりますのでサイズの制限を受けます。そのため室内天井高さがどうしても2.3mくらいに制限されてしまいます。

移動を前提として建築をする場合には AeroHouse TG をお勧めしています。

エアロハウスTGは、 ユニットのデリバリーによる施工や移設再設置を前提に開発された、新しい木造ユニット工法のエアロハウスです。

エアロハウスに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたはソーラーデザイン研究所(03-6459-2360)までお電話ください。

Copyright© 2002-2020 ソーラーデザイン研究所 All Rights Reserved.