エアロハウスに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたはソーラーデザイン研究所(03-6459-2360)までお電話ください。

Copyright© 2002-2019 ソーラーデザイン研究所 All Rights Reserved.

耐震性に優れた

柱のない大きな空間

強固な構造体による柱のない大きな空間

 エアロハウスは骨太な集成材のフレームによる強固な構造により、木造住宅でありながら6m超ものワイドスパン(柱の間隔)で、柱に邪魔をされない大きな空間を作ることができます。また、一般の木造住宅では構造的に実現の難しい大きな開口部(窓)を作ることもできます。
 柱のない大きな空間はそのまま大きなリビングとして利用したり、壁で仕切って部屋を作ったり、自由にフロアを増減できる「フロア・マウント工法」を使って立体的に、ライフスタイルに合わせて自由にプランを計画・変更できます。最近ではさらに10mや14mといった、超ワイドスパンの空間を実現したエアロハウスも誕生しています。

高い耐震性

 エアロハウスは航空機などに使われるセミ・モノコック構造を採用しているため、内部に柱のない大きな空間や大きな開口部(窓)を実現しながら、地震に対しては充分な強さをもっています。エアロハウスの基本構造は移動を前提に考えられたものなので、その構造体は斜めにしても逆さにしても壊れることはありません。従来の一般木造建築の耐震の考え方とは発想の段階から違うと言えるでしょう。

基本構造は移動を前提に考えられました

​実物でのフレームでの強度試験

すべてのAeroHouseは設計時に大きな建物と同様の構造計算をおこない、地震に強い安全な強度を確認しています。

​設計時に構造計算をおこないます

One Point Memo - 構造計算

 構造計算とは、建物の設計をするときに地震、風、積雪などで家にかかる力、また内部に入れるものや家それ自身の重みによって、家がどのような影響を受けるのか、どのくらい頑丈に作れば安全に住めるのかを計算をすることです。
実は木造2階建て住宅などの建物では、建築確認申請での構造計算が義務づけられていないため、多くの木造住宅では設計時に構造計算はされていません。
AeroHouse は、日本でトップクラスの構造設計事務所とのコラボレーションにより開発したものです。今まで建てられたすべての AeroHouse は、日本を代表する構造設計家渡辺邦夫が主宰の構造設計集団SDG出身である3名の構造設計家によって構造計算されています。
                                      (アラン・バーデン / 贄田泰然 / 原田玄)